あいうえおブログ!「い」いまどき

Posted by on February 7, 2018 – Article in Japanese

あいうえおブログ!「い」いまどき

English is here

い→「いまどき」
(職場での同僚同士の会話)
A:アルバイトの山田さん、今日お休みするって。
B:え?いつ電話があったの?
A:電話じゃなく、LINEでさっき。
B:え?LINE?信じられないんだけど。
A:いまどきの大学生は、みんなそうらしいよ。
B:そうなんだ。

みなさんは「いまどき」という言葉を知っていますか?「最近」と同じ意味なのですが、「いまどき」を使うときは、そこに皮肉や批難といったニュアンスが込められることが多いです。英語でdouble quotation marks ” “のジェスチャー付きでいうあの感じです。先ほどの会話の中でも、Aさん、Bさんともに、明らかに大学生アルバイトの山田さんのことを、マナーを知らない、常識のない人間である、と批難しています。

また「いまどき」には「最新の」「流行りの」という意味もあります。どの言語でもそうかもしれませんが、「新しい」ということはつまり評価や価値が定まっていないということですから、100%ポジティブな意味だけではないことも多いのかもしれません。
例)
いまどきの家電は機能が多くてわかりにくい(=もっとシンプルでいいのに)。
デビッドさんの彼女って、いまどきって感じの女の子だね(=たぶんすぐ別れるね)。

なので、純粋にほめたい時は以下のように「最近の」を使うといいです。
例えば、最近の日本語学習者は発音がいいこれは本当にそう思います。

私が子どもだった頃(数十年前?)に日本に住んでいた外国人と比べると、みなさんの発音のレベルは格段にいいと感じます。これは、ケーブルテレビなど外国の番組を見られる機会の増加、近年はとりわけYouTubeなどネット環境が整備されてきたこともあり、みんなが手軽に日本語の音に触れる機会が増えたせいでは?と思っていますが、どうでしょうか。

日本語学習過程では、中級以上になると、語彙が増え、覚えるのが大変になってきます。同じ意味でも違うニュアンス、プラスやマイナスのイメージなど使い分けを覚えることが上達の早道です。ほめたり、ときにはけなしたり、いろんなニュアンスで日本語を話せるようになるといいですね!