Japanese Old Folktale – The Straw Millionaire

Posted by on February 14, 2020 – Japanese Study
japanese old folktale the straw millionaire

japanese old folktale the straw millionaire

むかしむかし、ある わかもの が、おてら で かんのんさま に おねがい を しました。
Mukashi mukashi, aru wakamono ga, otera de kannonsama ni onegai o shimashita.
A long time ago, one young man prayed to Kannon, the goddess of Mercy at a temple.

「どうか、おかねもち に なれます ように」
“Douka, okanemochi ni naremasu youni”
“My god, please make me rich.”

すると、かんのんさま が いいました。
Suruto, kannonsama ga iimashita.
Then the Kannon appeared and said to him,

「ここ を でて、はじめ に つかんだ もの が、おまえ を かねもち に してくれるだろう」
“Koko o dete, hajime ni tsukanda mono ga, omae o kanemochi ni shitekurerudarou”
“The thing you first catch after you leave here will make you rich.”

よろこんだ わかもの は、おてら を でた とたん、いし に つまずいて スッテン と ころびました。
Yorokonda wakamono wa, otera o deta totan, ishi ni tsumazuite sutten to korobimashita.
The young man became happy to hear that, but he stumbled over a stone on leaving the temple.

japanese old folktale the straw millionaire

そして その ひょうし に、いっぽん の わらしべ を つかみました。
Soshite sono hyoushi ni, ippon no warashibe o tsukamimashita.
And at the instant, he grabbed one straw.

「かんのんさま が おっしゃった、はじめ に つかんだ ものって、これ の こと かなあ?
“Kannonsama ga osshatta, hajime ni tsukanda monotte, kore no koto kanaa?
“I wonder if this is the first thing I catch as the Kannon told me.

とても、これ で かねもち に なる とは おもえない が」
Totemo, kore de kanemochi ni naru towa omoenai ga”
I doubt I will be rich with this.”

わかもの が くび を ひねり ながら あるいて いると、プーン と いっぴき の アブ が とんで きました。
Wakamono ga kubi o hineri nagara aruite iruto, pu-n to ippiki no abu ga tonde kimashita.
As he was tilting his head and wondering, a horsefly flew to him.

japanese old folktale the straw millionaire

わかもの は その アブ を つかまえる と、もっていた わらしべ に むすんで あそんで いました。
Wakamono wa sono abu o tsukamaeru to, motteita warashibe ni musunde asonde imashita.
He caught the horsefly and played tying it on the straw.

すると むこう から りっぱ な ぎっしゃ が やってきて、なか に のっている こども が いいました。
Suruto mukou kara rippa na gissha ga yattekite, naka ni notteiru kodomo ga iimashita.
Then one fine oxcart came close to him and a kid inside the cart said to him,

「あの アブ が、ほしい よう」
“Ano abu ga, hoshii you”
“I want that horsefly.”

「ああ、いいとも」
“Aa, iitomo”
“Sure. Here you are.”

わかもの が こども に アブ を むすんだ わらしべ を あげる と、けらい の もの が おれい に ミカン を みっつ くれました。
Wakamono ga kodomo ni abu o musunda warashibe o ageru to, kerai no mono ga orei ni mikan o mittsu kuremashita.
As he gave the straw with a horsefly to the kid, the retainer gave him three oranges in return.

japanese old folktale the straw millionaire

「わらしべ が、ミカン に なったな」
“Warashi be ga, mikan ni nattana”
“A straw became three oranges.”

また あるいて いる と、みちばた で おんなのひと が、のど が かわいた と いって くるしんで います。
Mata aruite iru to, michibata de onnanohito ga, nodo ga kawaita to itte kurushinde imasu.
He began walking again, and he found a woman on the road suffering from thirst.

「さあ、みず の かわり に、この ミカン を どうぞ」
“Saa, mizu no kawari ni, kono mikan o douzo”
“Here, take these oranges instead of water.”

おんなのひと は ミカン を たべて、げんき に なりました。
Onnanohito wa mikan o tabete, genki ni narimashita.
The woman recovered after she ate those oranges.

japanese old folktale the straw millionaire

そして おれい にと、うつくしい ぬの を くれました。
Soshite orei nito, utsukushii nuno o kuremashita.
She gave him a beautiful cloth in return.

「こんど は、ミカン が ぬの に なったな」
“Kondo wa, mikan ga nuno ni nattana”
“This time, three oranges became a cloth.”

japanese old folktale the straw millionaire

わかもの が その ぬの を もって あるいて いると、ウマ が たおれて こまって いる おとこのひと が いました。
Wakamono ga sono nuno o motte aruite iruto, uma ga taorete komatte iru otokonohito ga imashita.
As he was walking with the cloth, he found a man having trouble over his sick horse.

「どうしました?」
“Doushimashita?”
“What’s the matter?”

「ウマ が びょうき で たおれて しまった のです。
“Uma ga byouki de taorete shimatta nodesu.
“My horse was down for his sickness.

まち に いって ぬの と こうかん する よてい だった のに。
Machi ni itte nuno to koukan suru yotei datta noni.
I was going to go to a town to exchange this horse for a cloth.

きょうじゅう に ぬの を て に いれない と、こまる の です」
Kyoujuu ni nuno o te ni irenai to, komaru no desu”
I will be in trouble if I don’t get a cloth today.”

「では、この ぬの と ウマ を こうかん して あげましょうか?」
“Dewa, kono nuno to uma o koukan shite agemashouka?”
“Would you like to exchange this cloth for your horse?”

わかもの が いう と、おとこのひと は おおよろこび で ぬの を もって かえりました。
Wakamono ga iu to, otokonohito wa ooyourokobi de nuno o motte kaerimashita.
When he suggested, the man took the cloth back with delight.

わかもの が ウマ に みず を やったり からだ を さすったり すると、ウマ は たちまち げんき に なりました。
Wakamono ga uma ni mizu o yattari karada o sasuttari suruto, uma wa tachimachi genki ni narimashita.
After he took care of the horse watering and rubbing the body, the horse got well soon.

japanese old folktale the straw millionaire

よく みる と、たいへん りっぱ な ウマ です。
Yoku miru to, taihen rippa na uma desu.
Looking closely, it was a quite fine horse.

「こんど は ぬの が、ウマ に なったな」
“Kondo wa nuno ga, uma ni nattana”
“Now a cloth became a horse.”

その ウマ を つれて、また わかもの が あるいて いると、こんど は ひっこし を している いえ が ありました。
Sono uma o tsurete, mata wakamono ga aruite iruto, kondo wa hikkoshi o shiteiru ie ga arimashita.
As he was walking with the horse, he found a house taking place a move.

そして そこ の しゅじん が、わかもの の りっぱ な ウマ を みて いいました。
Soshite soko no shujin ga, wakamono no rippa na uma o mite iimashita.
When the master of the house saw his fine horse, he said to him,

「きゅう に たび に でる こと に なって ウマ が ひつよう なの じゃが、
“Kyuu ni tabi ni deru koto ni natte uma ga hitsuyou nano jaga,
“I have to go on a trip all of a sudden and I need a horse.

その ウマ を わし の いえ や はたけ と こうかん して もらえない かね」
Sono uma o washi no ie ya hatake to koukan shite moraenai kane”
Would you possibly exchange your horse for my house and field?”

japanese old folktale the straw millionaire

わかもの は りっぱ な いえ と ひろい はたけ を もらって、おおがねもち に なりました。
Wakamono wa rippa na ie to hiroi hatake o moratte, ooganemochi ni narimashita.
The young man received a nice house and a large field, and became rich after all.

いっぽん の わらしべ から おおがねもち に なった ので、みんな は この わかもの を 『わらしべちょうじゃ』と よびました。
Ippon no warashibe kara ooganemochi ni natta node, minna wa kono wakamono o “Warashibechouja”to yobimashita.
Because one straw made him a very rich man, people called him “the straw millionaire.”

おしまい
Oshimai
The end

Last Updated on