教育理念

他の日本語学校とは異なる当校の指導スタイルをご紹介します。
ニュースとアップデートはここに簡単な説明とリンクを学びます!
もっと詳しく知る

チームとしての指導

私たちは「チームとしての指導」を信条としています。つまり、当校の教師は学生一人ひとりについて、彼らの学習がどのくらい進んでいるのか、どのような考えを持っているのかなどについて、共通の見識や知識を有しています。

教室内でも、学生中心の教育理念を掲げています。

つまり、私たちのレッスンは

  • 楽しく、学習を後押しするものであること
  • 文化理解に敏感であること
  • 教師と学生の双方に有益であること

を大切にしています。

この目標を達成するために、当校では5つの教育哲学に基づいて講師を育成しています

教えるにあたっての5つのルール

レッスンは楽しく、魅力的でなければならない。

  • つねに歓迎され、楽しい環境であるよう最善を尽くす。
  • 文化的に相対的であり、違いを理解すること。
  • 学生とはフラットな関係を持つこと。学習は交流である。
  • 学生を批判したり、辱めたりしないこと。恥は良い動機づけにはならない。

学生が発言し、練習できるようにクラスをリードする。

  • クラスで話すことを奨励する。
  • 正しい話し方を聞き、模範となるようなフィードバックを与える。
  • グループレッスンでは、スピーキングの時間を調節し、練習の機会を平等に与える。
  • 聞き上手になる。

常に自分の教え方を改善する方法を見つける。

  • 常に新しい教え方や方法を探す。
  • 学生や同僚からのフィードバックを求める。

教室でのコミュニケーション

  • レッスンでは常にアウトプットの練習をする。
  • 学生は教師および他の学生双方の言葉から習い、使う。

自分が受けたいと思うレッスンをする

  • 学生のニーズに柔軟に対応する。
  • 教室の外で使わない日本語は教えない。
  • 時間をうまく管理し、無駄にさせない。

について